The Iris Murdoch Society of Japan

学会記事 | これまでの大会開催一覧

第22回日本アイリス・マードック学会開催のお知らせ

第22回日本アイリス・マードック学会がオンラインで開催されます。日程は以下のようになります。

22nd Conference of the Iris Murdoch Society of Japan

26 November 2022 (Online: 12:00 ~ 18:00)

総会及び、研究発表の部 12:00 ~ 16:10

— Main Conference (All Members) —

総会 12:00 ~ 12:30

Opening Remarks & 総会 (12:00 ~ 12:30)

第一部(研究発表の部) 12:30 ~ 16:10

Research Paper Presentations (12:30 ~ 16:10)

1. 感染症の時代の D.H. ロレンス ― マードックの言葉を手掛かりにして読む『チャタレー夫人の恋人』
司会 中窪 靖(京都文教大学教授)
発表 野口ゆり子(日本アイリス・マードック学会会員)

2. デイジーとは誰か ― 『修道女と兵士』の一考察
司会 岡野浩史(平成国際大学名誉教授)
発表 内藤亨代(日本アイリス・マードック学会会員)

3. Identification and Isolation: The Literary Relationship Between Iris Murdoch and Virginia Woolf
司会 Wendy Nakanishi(四国学院大学名誉教授)
発表 Duan Daoyu (Nanjing Agricultural University)

4. Filming The Italian Girl
司会 Paul Hullah (明治学院大学准教授)
発表 Tatevik Ayvazyan (Literary Producer, Rebel Republic Films)

5. The Kafka Factor in Iris Murdoch’s Fiction
司会 Fiona Tomkinson(名古屋大学准教授)
発表 Maria Peacock (Iris Murdoch Research Centre, Chichester University)

休憩(第二部の開始まで)

— Brief Intermission followed by Keynote Presentation —

第二部(特別講演の部)16:30 ~ 18:00

特別講演 (16:30 ~ 18:00)

— Keynote Presentation

(All Members and Registered Audience from Abroad) —

How Japan and Iris Murdoch Shaped an Englishwoman's Life
(with Q&A afterwards)
司会 Paul Hullah(明治学院大学准教授) 大道 千穂(青山学院大学教授)
講師 Dr Frances White

(Visiting Research Fellow at the University of Chichester,
Deputy Director of the Iris Murdoch Research Centre,
Editor of the Iris Murdoch Review, Author of Becoming Iris Murdoch,
Writer in Residence at Kingston University Writing School)

閉会の辞

— Concluding Remarks & End —


第21回大会 2019年10月26日 明治学院大学

研究発表

  • 石本弘子 「A Severed Head における錯綜する愛」
  • 小田夕香理 「アイリス・マードックの作品に読むブロンテ的要素」
  • Fiona Tomkinson 「Murdoch and the classics: a reading of An Accidental Man
  • Kim JinHyok 「Seeing the Beauty of the Divine: A Murdochian Approach to Religious Art with Special Attention to Iconography」

特別公演

  • Anne Rowe 「Archives and Afterlife: Iris Murdoch in the Twenty-First Century」

 


第20回大会 2018年10月27日 京都文教大学

研究発表

  • Dr Fiona Tomkinson 「Between symbolism and realism: death, rebirth and intertextuality in The Book and the Brotherhood
  • 岡野浩史 「‘Something Special’ 再読」
  • Wendy Jones Nakanishi 「Iris Murdoch’s Letters in the English Epistolary Tradition」
  • Paul Hullah 「‘Usually The Better Ones’: Into Crystalline with Murdoch and Kuan Yin」

特別講演

  • Dr Gillian Dooley 「Iris Murdoch and Australia: her life, her novels and her reputation」

第19回大会 2017年11月18日 青山学院大学

研究発表

  • 石本弘子 「A Word ChildにおけるHilaryの道徳観とMurdochの道徳観について」
  • Fiona Tomkinson 「Iris Murdoch and The Tale of Genji
  • 斎藤佳代子 「『黄金のノートブック』と『苦海浄土』の接点」
  • Wendy Jones Nakanishi 「“Any Day is Kissing Day”: Iris Murdoch’s Letters as Expressions of Intimacy」

特別講演

  • 岡本靖正 「マードックとシェイクスピア」

第18回大会 2016年10月22日 四国学院大学

研究発表

  • 中窪 靖「The Sacred and Profane Love Machineを読む
           ― アイリス・マードックの描く“メロドラマ” ―」
  • 多和恵子「日本哲学への近接―アイリス・マードックと西田幾多郎における善の観想と小説『鐘』におけるドーラ・グリーンフィールドの人物造形と日本学会との親交からの精神的影響」
  • Fiona Tomkinson「Bruno’s Dream: Murdoch’s Intertextual Web」
  • 小野順子「キングストン大学での聴講体験、『黒衣の王子』に見る愛の力」
  • Paul Hullah 「Kestrels and Storks: A Defence of Murdoch’s ‘Self-Deluding’ Faith in the Sovereignty of Good」

特別公演

  • 浜野研三「歌を忘れたカナリヤに歌を思い出させるもの:
           マードックの道徳的実在論と文学」

第17回大会 2015年11月21日 青山学院大学

研究発表

  • 中西ウェンディ「The Insider Outsider in Iris Murdoch’s Bruno’s Dream and Kazuo Ishiguro’s The Remains of the Day
  • 有馬弥子「ディアスポラとしてのジャクソンがもたらす撹乱と解放」
  • 井上澄子「The Book and the Brotherhood に描かれる連続性について」
  • Ester Monteleone「Iris Murdoch and the Women Philosophers of Oxford」
  • Fiona Tomkinson「Are Iris Murdoch’s foxes Japanese? Kitsunē myth and Zen Buddhism in The Philosopher’s Pupil and The Message to the Planet

特別講演

  • 野中涼「アイリス・マードックの衝撃」

第16回大会 2014年10月25日 京都文教大学

研究発表

  • 中窪 靖「マードックのThe Black PrinceとマキューアンのSaturdayを比較する― BTタワーが象徴するもの ―」
  • 内藤 亨代「The Nice and the Goodを力の行使の視点から読む」
  • 塩田 勉 「『海よ、海』におけるポスト・コロニアリズムの影」
  • 平井 杏子「テムズ川とアイリス・マードック」

特別講演

  • 志賀 亮「一 紳士は妖婦がお好きGentlemen Prefer Femme-Fatales
    ――ヨーロッパ史を貫く三つの女性表象――」

第15回大会 2013年10月19日明治学院大学 白金キャンパス

研究発表

  • 石本 弘子 「Nuns and Soldiers におけるAnne Cavidgeの分析」
  • 大道 千穂 「恋する吸血鬼――The Unicorn(1963)のレズビアニズムを読む」
  • Paul Hullah  「Also the Problem of Truth: Murdochian Murmurs of Browning」
  • 榎本 眞理子  「世界文学としての『苦海浄土』――石牟礼とウルフ」

特別企画

  • 井内雄四郎・平井杏子----対談「アイリス・マードックを語る」

特別講演

  • 深澤 俊 「戦後イギリス小説の虚構」

第14回大会 2012年10月13日 慶應大学三田キャンパス

研究発表

  • Wendy Nakanishi 「 “All the World’s a Stage”: Iris Murdoch’s The Green Knight as Theatre」
  • 斎藤 佳代子 「WoolfのBetween the Acts にみられるナラティヴ戦略」
  • 佐々木典子  「カズオ・イシグロの短編集『夜想曲』を巡って」
  • 杉浦 千秋  「女性たちの道徳的覚醒――ジョージ・エリオット:The Mill on the FlossとThe Bellから――」
  • 中窪 靖 「アイリス・マードックの描くユダヤ人主人公――The Message to the Planet (1989) とA Fairly Honourable Defeat (1970) を比較して――」

特別講演

  • 出渕敬子 「ヴァージニア・ウルフと戦争」

第13回大会 2011年10月29日 川崎医療福祉大学

研究発表 

  • 石本弘子「『ユニコーン』における不思議な魅力を持つデニスについての考察」
  • Wendy Nakanishi 「The Dual Nature of the World in The Bell」
  • 室谷洋三 「宮沢賢治とIris Murdoch」

特別講演 

  • 近藤耕人「ベケットとマードック――水と言語」

第12回大会 2010年10月16日 慶應大学三田キャンパス

研究発表 

  • 中嶋英樹 「『網の中』における偶発的な時間性」
  • 村井和子 「The Book and the Brotherhoodにおける「注視」」
  • Paul Hullar 「Purity and Paradox: Haiku and Iris Murdoch」

特別講演 

  • 宮田恭子「ジョイスと音楽」

第11回大会 2009年11月21日 明治学院大学

研究発表 

  • 内藤亨代「プラトン『饗宴』におけるエロスと『鐘』
  • Wendy Nakanishi 「A Severed Head as Restoration Comedy and as Freudian Drama」
  • Paul Hullah 「A Matrix We Can Fathom: Reading Iris Murdoch’s Poetry」

特別講演 

  • 小野寺健 「Murdoch, 20th Century, Kate Atkinson」

第10回大会2008年10月18日川崎医療福祉大学

研究発表

  • 石本弘子 「アイリス・マードックThe Book and the Brotherhoodにおける鸚鵡」
  • 中窪靖「An Accidental Manに登場する<偶然の運命に翻弄される>ものたち」
  • Paul Hullah「Byronic Iris? Some Unlikely Influences on Murdoch's Poetry」

特別講演

  • 岩村太郎「マードック哲学とティリッヒ神学の接点」

第9回大会2007年10月6日法政大学

研究発表

  • 内藤亨代 「プラトン『饗宴』におけるエロースと『鐘』」
  • 駒沢礼子「『砂の城』の向こう側―The Sandcastle(1957)試論」
  • 大槻美春「『海よ、海』―チャールズの語りと神秘」

特別講演

  • 蛭川久康「アイリス・マードック断想―自転車と一角獣」

第8回大会2006年10月14日恵泉女学園大学

研究発表

  • 大道千穂 「マードックの初期作品における日本的小道具」
  • 中西ウェンディ「Money, Marriage and Literary Allusions in Iris Murdoch’s Nuns and Soldiers」
  • 野中ゆり子「「鐘」における信仰・救済・道徳」
  • 片山亜紀「マードックにおける妊娠中絶問問題」

特別講演

  • 野中涼「アイリス・マードックの語り口」

第7回大会2005年11月5日岡山県立図書館

研究発表

  • Wendy 中西「Shakespeare and Buddhism in Bruno's Dream」
  • 佐久川豊子「戯曲「ジョアナ、ジョアナ」」
  • Paul Hullah「‘Calling All into Doubt’: Art, Life, and Identity in Murdoch's ‘Not highly Regarded’ The Italian Girl」

特別講演

  • 平井杏子「マードックとサミュエル・ベケット」

第6回大会2004年10月9日東京大学本郷キャンパス

研究発表

  • Wendy 中西「Characters and Characterization in Iris Murdoch's The Good Apprentice」
  • 中上玲子「Truthful Lies and Fantasy Realism: Iris Murdoch's Under the Net and Muriel Spark's The Comforters」
  • Paul Hullah「The Riderless Horse Moves on: Equine Symbolism in Iris Murdoch's Jackson's Dilemma」

特別講演

  • 塩田勉「マードック、コミンテルン、プラトン、ゼン」
  • George Hughes「"I discovered words and words were my salvation: Iris Murdoch and the Problems of Language"」

第5回大会2003年10月18日昭和女子大学

研究発表

  • 玉崎紫「マードックの作品における水の世界と泳ぐという行為:The Philosopher's Pupil を中心に」
  • 小野順子「The Red and the Green を読む:『復活祭蜂起』の時代を生きる人々とその歴史的意義」
  • 内藤亨代「The Bell における『注意』の問題」
  • 榎本眞理子「The Message to the Planetを読む」

特別講演

  • 井内雄四郎「マードックとレイモン・クノー」

第4回大会2002年10月5日川崎医療福祉大学

研究発表

  • 大澤日菜子「新しい哲学小説家としてのマードック:文学と哲学の融合への試み」
  • 石井久美子「マードックにおけるリアリズムと道徳的神秘主義:プラトニズムの視点から」
  • 清野茂博「Agamemnon Class 1939」
  • 井藤千穂「理想の小説へ:The Philosopher's Pupilにおける中心の喪失と非神格化の主題」
  • 駒沢礼子「バラ園の深層:An Unofficial Rose 再読」

特別講演

  • 室谷洋三「マードックと『源氏物語』」

第3回大会2001年10月6日川崎医療福祉大学

研究発表

  • 清野婦美子「もう一人のもっと秘められた神:The Black Prince」
  • 岡本糸美「偶然性について:「本を巡る輪舞の果てに」を通して」
  • 平井杏子「Jackson's Dilemma: 翻訳を通して見えてきたもの」

特 別講演

  • Wendy Jones Nakanishi「The French and the Irish Connections: A Comparison of Themes and Technics in Under the Net and The Red and the Green」

第2回大会2000年10月7日川崎医療福祉大学

研究発表

  • 古田島綾子「The Sea, the Sea におけるマードックとS.ヴェイユの思想的類似とその小説的展開
  • 笹岡ヒサノ「火と太陽:The Sea, the Sea と「洞窟」の比喩」
  • 山本長一「ユニコーン:その呪われた部分」
  • 榎本眞理子「もう一つの白鳥の歌:The Green Knightを読む」

特別講演

  • Paul Hullah 「Modes of Desire in Iris Murdoch's Poetry」

第1回大会1999年9月25日川崎医療福祉大学

研究発表

  • 橋本信子「Jackson's Dilemma is Murdoch's Tempest」
  • 河野賢司「マードックのアングロ・アイリッシュ性を求めてー『赤と緑』再読ー
  • 平井杏子「The Dilemma of Jackson's Dilemma]

特別講演

  • Neil McEwan 「Iris Murdoch and Plato」